IT導入補助金2024

令和5年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業

本年度より新たにインボイス枠が新設されました!
補助額は最大450万円!補助率1/2~4/5

お問合せはこちら

中小企業・小規模事業者が活用できる「IT導入補助金」の募集が2024年も実施されています。
ITツールの導入を検討される方は、有効にご活用いただければと思います。


▼IT導入補助金2024 サービス等生産性向上IT導入支援事業

通常枠
2次締切分 締切日 2024年4月15日(月)17:00           交付決定日 2024年5月27日(月) (予定)
3次締切分 締切日 2024年5月20日(月)17:00           交付決定日 2024年6月26日(月) (予定)

インボイス枠(インボイス対応類型)
3次締切分 締切日 2024年4月15日(月)17:00           交付決定日 2024年5月27日(月) (予定)
4次締切分 締切日 2024年4月30日(火)17:00           交付決定日 2024年6月6日(月) (予定)
5次締切分 締切日 2024年5月20日(月)17:00           交付決定日 2024年11月29日(月) (予定)


弊社は第1回平成28年(2016年)から毎年、IT導入補助金支援事業者として支援活動をして参りました。
より採択率を高めるための長年のノウハウを持っていますので、IT導入補助金を申請されたい方は、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

※IT導入補助金とは、自社の労働生産性を向上するためのITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部が補助される制度です。


【ご注意ください】
IT導入補助金2024は、昨年度と比較すると変更点が数点あります。

【新設】インボイス枠
これまでの「デジタル化基盤導入枠」が廃止され、「インボイス枠」が新設されました。
デジタル化基盤導入枠と酷似した枠ですが、2023年10月より施行されたインボイス制度を受けて
インボイス対応システムの導入を支援する制度と想定されます。
詳細は下記表をご覧ください。

※「会計」「受発注」「決済」機能を有するソフトウェアが対象となります。
またインボイス制度に対応していないソフトウェアやECサイト制作は対象外となります。

必ずご一読ください!!

例えば、会計ソフトを申請して、動画編集や画像処理ができるようなハイスペックなPCは
一旦、採択されても、後からIT導入補助金2024事務局が不適切と判断した場合は
補助対象外となる可能性がありますので、ITツールが利用できる程度のPCスペックに
とどめることを強くおすすめしております。

また、IT導入補助金の申請には、直近の法人税納税証明書が必要であるため、
設立1年目の新設法人様や無申告の場合、補助金のご利用対象外となりますので、
ご注意ください。


補助対象比較表 

通常枠

通常枠
※1プロセス数 1プロセス以上 4プロセス以上
補助額 5万円~150万円 150万円~450万円以下
補助率 1/2
補助対象 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費

※1:「プロセス」とは、業務工程や業務種別のことです。

≪活用例≫
タイムカードによる勤怠管理のため、本社出勤後の現場移動、帰社後の帰宅が必要であったところ
「勤怠・労務管理ツール」の導入により、出先からの打刻が可能に。これにより、残業時間が3割削減
人事担当の作業効率も大幅アップ!

インボイス枠(インボイス対応類型)

種類 インボイス対応類型
補助額 ~50万円以下 50万円超~350万円
※1機能要件 会計・受発注・決済うち1機能以上 会計・受発注・決済うち2機能以上
補助率 3/4(75%)以内 中小企業
4/5(80%)以内 小規模事業者
2/3(66%)以内
対象ソフトウェア 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、
補助対象 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費

種類 インボイス対応類型(ハードウェア購入)
ハードウェア購入費 PC・タブレット・プリンター・スキャナー・複合機器:補助率1/2(50%)以内
補助上限額10万円
レジ・券売機等:補助率1/2(50%)以内、補助上限額20万円

※1:詳細発表がされていませんので仮の機能要件を記載しております。
上記にあるようにECサイト構築については要綱から除外されておりますので対象外になる予想です。

≪活用例≫
インボイス発行の手間を効率化するため、「会計ツール」を導入。
経理担当が手作業で行っていた出納管理が自動化され、バックオフィスの効率が全体的に向上。


▼IT導入補助金対象 登録申請中ITツール
マイティ通信販売(通販企業のための受注処理、顧客管理ソフト)
・弥生会計24 ネットワーク/プロフェッショナル/スタンダード(会計)
・弥生販売24 ネットワーク/プロフェッショナル/スタンダード(受発注)
・弥生給与24(通常枠の申請のみ)
マイティクラウド(Windowsクラウド)
・CPMS(Cyber Protection Managed Service powered by BlackBerry)
・PCAシリーズ(会計・受発注・決済)
・OBC奉行シリーズ(会計・受発注・決済)
・応研大臣シリーズ(会計・受発注・決済)


~ IT導入補助金交付までの一連の流れ ~

1.弊社へお問い合わせ IT導入補助金を活用してITツールを導入されたい場合は
まずは、お気軽に弊社までご連絡ください。
2.弊社へお見積をご依頼 導入されたいソフトウェアについて要件に応じて
弊社からお見積書をご提示いたしますのでお申し込みください。
3.「申請マイページ」を開設 IT導入補助金申請をするための「申請マイページ」を開設します。
※弊社がフォローさせていただきます。
4.ITツール導入後の事業計画作成 補助金申請するITツールを導入後の事業計画を作成します。
※弊社がフォローさせていただきます。
5.ヒアリング&申請入力 申請に必要な詳細情報をお聞きし、申請画面に入力します。
※弊社がフォローさせていただきます。
6.「申請マイページ」で確認・承認 弊社が代理入力した申請内容をご確認、承認していただきます。
7.交付決定 交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができませんので、ご注意ください。
但し、特別枠は事後申請が可能な場合がありますので、詳しくは弊社までお問合せください。
8.ITツールの発注・契約 交付決定を確認後、ご発注、ご契約いただきます。
但し、特別枠は採択を待たずに先にご注文して、事後申請が可能な場合がありますので、詳しくは弊社までお問合せください。
9.導入 補助事業の完了報告の申請期間中までに導入します。
10.お支払い 補助事業の完了報告時にお支払い実績の証憑(お振り込み証明)が必要ですので、申請期間中までにご入金いただきます。
11.補助事業の完了後、事業実績報告 補助事業の完了後、「申請マイページ」から実績を報告します。
※弊社がフォローさせていただきます。
12.補助金交付手続き 事業実績報告が完了し補助金額が確定すると「申請マイページ」で補助額金額が確認でき、その後、補助金が交付されます。
13.事業実施効果報告 事業終了後、3年間(計3回)にわたり、毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を、「申請マイページ」から事務局に事業実施効果報告する義務があります。
※弊社がフォローさせていただきます。
14.事業完了 事業実施効果報告

 

お問い合わせはこちらから!

     

    必須お名前

    必須社名

    必須メールアドレス

    任意電話番号

    必須都道府県

    必須申請希望ITツール

    ご希望のITツールをご記入ください。検討中の方は「未定」とご記入ください。

    必須パソコンもご一緒に申請しますか?

     任意備考欄

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。